どこよりも詳しい!くろあわわの成分と効能について

どこよりも詳しい!くろあわわの成分と効能について

どこよりも詳しい!くろあわわの成分と効能について

 

 

人気の洗顔フォームどろあわわの姉妹品ということで、くろあわわが発売されて評判になっていますね。

 

 

いずれもライザップのグループ子会社、健康コーポレーションから販売されていますので、話題性は充分です。

 

 

頑固な角質や角栓がよりしっかりと落とせる洗顔石鹸だということで、これまでどろあわわを使っていた人が、くろあわわに換えてみたというケースもあります。

 

 

また朝はどろあわわ、夜は1日の汚れをしっかり落としたいのでくろあわわで洗顔と、使い分けている人もいるようです。

 

 

そこで今回、新しく発売されたくろあわわの成分と効能はどうなのか知りたいので、そこのところを詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

◆くろあわわの成分

 

 

くろあわわには新たに吸着成分として、やし殻活性炭と天然泥炭(ピート)が配合されています。

 

 

くろあわわの泡の中に入っているマンナン粒が肌の上でコロコロ転がり、古く硬くなった角質をスッキリ落とす、これがこんにゃく由来のマンナン粒で新しく配合されています。

 

 

それでは、成分を1つずつ見ていきましょう。

 

 

水・・・精製水を使用しています。

 

 

やし殻活性炭・・・スリランカ産のやしの実から作られた活性炭を使用し、それを特殊な釜で酸化していますので、表面が大きくて吸着力の優れた炭になっています。

 

表面にある無数の小さな穴に汚れを吸着させて、スッキリと洗い流します。

 

 

天然泥炭(ピート)・・・かつては海に沈んでいた、九州地方の土壌から採れる海洋性の美容成分や、火山性のミネラルを豊富に含んだ天然の泥炭を使用しています。

 

この泥炭は8000年もの歳月をかけてできたもので、アミノ酸、ミネラル、ビタミンなどを多く含んでいますから、汚れを吸着しながらかつ美肌ケアができます。

 

 

 

 

マンナン粒・・・水を含んで膨らむ性質がある、こんにゃく由来のお肌スッキリのビーズが、泡の中で転がって取れにくくこびりついた角質を洗い流してくれます。

 

弾力があるので肌にダメージを与えることなく、古くなった角質だけを取り除くため、お肌がつるつるになります。

 

 

沖縄産マリンシルト・・・どろあわわにも配合されている成分で、沖縄の限られた地域でしか採取できない希少なものだけを使用。

 

ミネラルを豊富に含み、マイナスイオンの力で汚れをしっかり吸着します。

 

 

国産ベントナイト・・・数億年前に海底に積もった火山灰が、風化してできた泥です。

 

強い吸着力があるので、奥に入り込んだ汚れや頑固な角栓、余分な皮脂をしっかりと吸い取ります。

 

 

豆乳発酵液・・・主成分は大豆に含まれるイソフラボンで、保湿成分のひとつです。

 

 

サクシノイルアテロコラーゲン・・・化粧品に入っているコラーゲンは、「実は皮膚には浸透しません」って聞いたことはありませんか?

 

そんなイメージを払拭するのが、サクシノイルアテノコラーゲンなんですね。

 

これは水溶性コラーゲンのアレルゲン物質を酵素で取り除き、コラーゲン分子同士が固まりにくいように加工したものです。

 

しかも、真皮の中に存在するコラーゲンと同じものなので、浸透性も高いのです。

 

 

どこよりも詳しい!くろあわわの成分と効能について

 

 

ヒアルロン酸・・・1グラムに対して約6,000倍の6,000mlという驚異の保水力を持っている、皮膚のハリを保つ成分です。

 

 

黒砂糖エキス・・・サトウキビから得られる黒砂糖の着色成分を分離・濃縮して得られるエキスで、保湿効果があります。

 

そのため保湿パックのほか、美容液や洗顔石けんなどに用いられる天然成分なので、敏感肌の方にも良いのです。

 

ビタミンC誘導体など、他の美白成分との相乗効果により角質層にはたらきかけます。

 

 

グリセリン・・・代表的な保湿剤で人間の体の中にもありますが、毒性はほとんどなく、安全性の高い保湿剤として使われています。

 

 

ベントナイト・・・これが主成分になる泥で、モンモリロナイトを主成分とする粘土の総称です。

 

 

ミリスチン酸・・・コナッツ油(椰子油)、パーム油などの成分で、発泡力や泡の持続性を保つために使用されます。

 

毒性もない安全な成分です。

 

 

どこよりも詳しい!くろあわわの成分と効能について

 

 

BG・・・刺激が少ない保湿剤です。

 

 

ステアリン酸・・・抗酸化作用があり摂取量が少ないと肌にしわが出来たりします。

 

肌を保湿し、清潔に保つ働きがあります。

 

 

水酸化K・・・薄い水溶液は皮膚表皮を軟化させる作用があり、石鹸やクリーム、乳液、洗顔料、美白クリームなど主にスキンケア製品に使用されます。

 

 

ラウリン酸・・・ココナッツオイルに含まれている脂肪酸の一種で、お肌や体内の免疫力を向上させる効果があります。

 

 

デシルグルコシド・・・皮膚刺激性が非常に低く、皮脂やメイクなどの汚れに対して高いクレンジング能力をもっています。

 

 

 

 

◆くろあわわの効能

 

 

日中に、化粧やほこりなどでお肌にたまった毛穴の中の汚れや、不要になった角質の汚れを活性炭や泥炭がしっかり落とすので、つるつるのお肌になります。

 

 

マンナン粒もお肌に優しく、ダメージを与えることなく角質を取り除いてくれるため、ゴワつきやカサつきのないお肌に。

 

 

ところで、女性同士で女子力が低いと感じるポイントを調査したデータがあって、興味を惹かれたのでご紹介しますね。

 

 

それによると「ボサボサの髪」(62.9%)に続いて、「イチゴ鼻」(44.1%)、「ファンデーションの毛穴崩れ」(41.8%)となっていて、毛穴系のものがワースト3に2つも入っていますね。

 

 

どこよりも詳しい!くろあわわの成分と効能について

 

 

一方、毛穴汚れに悩んでいる女性は多いようで、自分でやってる毛穴対策は「爪でギュッと出す」が37.1%、「はがすタイプの毛穴パック」が19.7%と、無理やりはがしている人がかなりの割合います。

 

 

しかし今ある毛穴はなくなることはありませんし、それどころか年齢とともにたるんで開き、毛穴のくぼみには酸化した皮脂や古い角質が溜まり、黒ずんでいくばかりなのです。

 

 

毛穴を正しくケアするには、無理やりはがすのではなく汚れを溜め込まないことと、今以上に開かせない保湿ケアが必要です。

 

 

くろあわわは汚れはしっかり落としますが、つるんとした透明感あふれる肌へ導き、洗い上がりのうるおいはキープしつつも、クリアな肌へと導きます。

 

 

夜は1日の汚れをしっかり落としたいので、くろあわわでのお手入れを毎日の日課に取り入れたいですね。

 

 

くろあわわが気になる人は、下記のレビューをチェックしてみてくださいね。

 

 

 

【いま売れている!】くろあわわのレビューと実際に使用した感想